ブラックベリーの育て方!|初心者も育てやすい、家庭菜園お勧め果樹

ブラックベリー 野菜・果物

7月に入り、我家の庭のブラックベリーの収穫が始まりました。完熟してからが食べ頃のため、なかなか市場に出まわらないブラックベリー。赤色から黒色に変化し完熟すると、甘酸っぱく、生食やジャムなどの加工品に利用されます。また、半つる性なので、狭いスペースでも栽培可能。フェンスにはわせたり、日よけにも利用可能と楽しみ方も色々。家庭果樹としてお勧め、ブラックベリーの特徴と育て方をご紹介します。

ブラックベリーって?

  • 属名:バラ科キイチゴ属
  • 原産:アメリカ北部・中部地域
  • 別名:セイヨウヤブイチゴ
  • 形態:落葉低木で直立性とつる性タイプがあります。
  • 草丈:1.5~3m
  • 開花:5~6月
  • 収穫:6月下旬~8月中旬
  • 実の色:赤紫と黒色品種がある
  • 棘 :ラズベリーとの交雑種もあるので、その種類によって棘の有無も異なります。
  • 花言葉:「思いやり」「後悔」

ブラックベリーは、種を包んだ小さな粒が沢山集まって一つの実になっています。小さな実ですが、ビタミンやポリフェノールなどの栄養成分が含まれ栄養価が高い果実です。特に注目すべきは、アントシアニン。アントシアニンというと、視力回復・動脈硬化予防・炎症を抑える効果があるとして、サプリメントとしても高い評価がされています。その含有量は、ブルーベリーと同等かそれ以上といわれています。

《 苗の販売紹介 》

ボイセンベリー(ブラックベリー)《果樹苗》「☆」

【フィクス属】とげなしジャンボブラックベリーあみ

ボイセンベリー トゲなし

ブラックベリーの育て方

とても丈夫な果樹で、日当たりと水はけのよい場所に植えれば、ほとんど無農薬で簡単に実を楽しめます。暑さに弱いラズベリーとは異なり、ブラックベリーは暑さにも乾燥にも強い性質ですが、耐寒性は少し弱く、北海道では育つのは難しいです。

用土

鉢植えの場合は、基本となる用土として、市販の赤玉土小粒6割、腐葉土3割、くん炭1割、緩効性肥料を混合します。市販の培養土でもかまいません。

地植えは、日当たりの良い場所を植え付けの2週間前に、事前に深さ30㎝ほど耕し、腐葉土や堆肥・緩効性化成肥料をたっぷりと混ぜ込み、水はけを良くします。苗よりも1周り大きな植穴を掘って植え付けていきます。

植え付け時期と方法

植え付け時期は、12~2月。ポット苗を入手し、30号鉢(直径30㎝)に、鉢底石を2㎝高さまで入れ、次に準備した用土を鉢の半分の高さまで入れます。苗を仮置きし、鉢の縁から約2㎝のウオータースペースを確保して、残りの土を入れます。鉢に隙間がないように土を入れ込みます。トレリスを固定して、準備した用土か市販の培養土(元肥入り)で、根鉢を崩さないように植え込みます。植え付け完了後、鉢底から水が流れる出るくらい、しっかり水を与えてください。

置き場所と水やり

ブラックベリーは日光を好むので、地植えも、鉢植えの置き場所も日当たりのよい場所へ置きます。

水やりは、鉢の土表面が乾いたら、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えます。庭植えの場合は、品種や土質にもよりますが、夏にはひどい日照りが続くような場合は水やりが必要です。夏は生育期になるので、土の状態をチェックし、水切れの内容にします。

肥料

庭植えは、寒さにあたり芽吹きの準備時期の2月に有機質肥料か緩効性化成肥料を元肥として施し、実がなり始める6月、収穫後の株の回復に9月は、速効性化成肥料を追肥します。鉢植えも、2月、6月、9月に同じように施します。結実を促進するには、花と実の肥料といわれるリン酸が必要なため、2月の元肥に骨紛と油かすの併用も良いようです。

収穫

本格的な収穫は2年目からです。ブラックベリーの実は赤色から黒色に変化していきます。黒色になり手で触れて果托から実が簡単に取れるようになったら完熟です。完熟した順に収穫していきます。

剪定

剪定は、収穫が終わった頃にします。実をつけた枝は枯れるので、根元から切ります。さらに新たに伸びる枝を誘引していきます。その枝を、12月~2月に1/2に切ると、残した枝のわき芽から新しい枝が伸びて花が咲き、実がつきやすくなります。生育が良くない場合は剪定なしでもかまいません。

植え替え

ブラックベリーの鉢植えは、株の生育具合を見ながら、2~3年に1回は植え替えをします。そのまま育て続けていると鉢の中は根がはびこり、根詰まりを起こし、通気性も良くありません。それを改善するために、植え替えを行います。株分けが必要な時は、植え替えを同時に行うと良いです。植え替えは12~2月が適期で、手順は植え付け時と同じです。

 《ブラックベリー残りわずか、商品紹介》

自然栽培ブラックベリージャム【無添加】

【生食用特許品種】国産ブラックベリー 1.2キロ【冷凍】

淡路島産!希少!ブラックベリー(冷凍500g)

ブラックベリーの増やし方

ブラックベリーは簡単に増やすことができます。1つは、根は葉の真下から出てくるので、伸びた蔓を土につけているとそこから発根します。2つ目はまた、挿し木でも増やすことができます。挿し木は、6~7月に行います。その年に伸びた枝を10㎝ほどカットしてそのまま土に挿すだけで完了します。この場合は、水が切れないように注意してください。

まとめ

ブラックベリーは家庭菜園の果樹としてお勧めです。お勧めする5つのポイントは次のようになります。

  • 家庭菜園の小スペーズで楽しめる落葉つる性植物
  • フェンス・支柱に誘引して楽しめる
  • あまり市販されていないブラックベリー、果実がおいしく栄養価が高い
  • 葉は、ハーブティーとして利用でる
  • 寒さと暑さに強く育てやすい

庭植え、鉢植えともに可能です。食べる楽しみと形を作る楽しみがあります。お庭にいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました