避難用防災セット、5つの紹介!|防災士監修、事前準備で備えを万全に

防災セット 生活

7月~10月にかけては、日本に接近・上陸する台風が多くなり、大雨、洪水、川の氾濫や土石流、崖崩れなど、生活や生命が脅かされるような自然災害の発生が多くなります。特に近年、短時間に狭い範囲で非常に激しく降る雨が頻発し、気象庁の特別警報で「これまでに経験したことのないような大雨」、「数十年に一度の大雨」ともいわれ、同時に「ただちに命を守る行動をとってください」という呼びかけも行われるようになりました。

頻発する豪雨や洪水、地震などの自然災害、非難の準備はできていますか? 世界有数の自然災害の多い国に暮らす私たちは、防災対策をライフスタイルにとりいれる必要があります。今まで経験がないからと油断していると被害が大きくなることも、生死を分けることにもなりかねません。

9月は、防災月間になります。この機会に、避難用の備え、防災セットを考えてみませんか。

普段からの備え

災害対策は、警報やニュースを見てからでは間に合いません。日頃から、3つのことは確認しておきましょう。

  1. 非常用持ち出し袋の準備はできていますか?
  2. 近所の危険個所や避難場所はしっていますか? ハザードマップで確認しましょう。
  3. 避難場所までの道順はわかりますか?

非常用持ち出し品のリスト

避難の際にもっていくものは、「避難場所」と「避難所」で異なります。「避難場所」が災害から命を守るために緊急避難する場所なのに対し、「避難所」はライフラインが回復するまで一定期間滞在する場所です。

避難場所へもっていく防災グッズは「素早く」「安全に」移動するためのものに厳選しましょう。中には、不安のあまり何でもかんでも持ち出そうとする人がいますが、荷物が重すぎて非難が遅れることがあります。避難所へ移動するときの荷物は「走れる重さ」にとどめ、体に密着できるリュックを使って素早く移動することに重きを置きましょう。

非常用持ち出し袋のチェックリスト









□リュックサック

□現金、保険証
□靴□携帯電話
□軍手
調






□携帯トイレ
□雨具□ティッシュ
□LEDライト□ウエットティッシュ
□応急手当セット□着替え1日分
□ホイッスル□タオル・手ぬぐい
□ヘルメット





□アルミブランケット
□マスク□万能ナイフ
□防煙フード□ポリ袋(大・小)








□ハザードマップ□ガムテープ(布製)
□モバイルバッテリー・
充電器
□油性マジック
□携帯ラジオ


□眼鏡、コンタクト
□予備の乾電池□補聴器・杖など
□紙とペン□持病の薬・常備薬
□家族の連絡先・写真□生理用品


□飲料水□追加の防寒用品
□非常食□赤ちゃん用品

*持っていかない方が良いもの

  • お酒やタバコの嗜好品 = 避難場所や避難所は禁煙・禁酒が基本になります。
  • ロウソク = 一昔前の防災グッズの定番でしたが、地震の災害等では火災の原因になるのでお勧めできません。

非難するときは、次のことに注意を!

  1. 家を離れる時は、必ず火の始末を
  2. 家の鍵はしっかりかけましょう。人がいなくなると空き巣や盗難が増えます。
  3. 両手が自由に使えるようにしておきます。
  4. 傘など棒状のもので地面の安全を確認しながら歩きます。マンホオールのふたがあいていたり、溝と道の境が不明なこともあります。
  5. 高齢者や子供のいる家庭は、早めに非難を。川の氾濫や土砂災害などの災害は短時間で起こります。
  6. 川や水路に近づかない。多くの人が様子を見に行って亡くなっています。
  7. 忘れ物としても絶対に取りに戻らない。警報発令中は刻々と変化しているので危険です。
  8. 移動に危険が伴う場合は、できるだけ安全な場所で待機をする。家の中では、崖から離れた場所で、水害では2階などへ移動。

避難用防災セットの内容とお勧めセット5つの商品紹介

防災セット、何からそろえようかと思われている方、基本的なセット購入からはじめてみませんか。必要なものは家族構成でも変わってきます。自分の生活に合った物を追加して自分の防災セットを作っていきましょう。


防災リュックセット 1人用 20点 ブラック BRS-20 

  • 「食品なし」防災セット
  • サイズ:35×48×21(㎝)
  • 容量:26L
  • 販売価格: ¥8,290 (税込、送料無料)  
  • アイリスオオヤマ

どんな場所にも置けるシンプルデザイン、持ち出しやすい避難リュックに防災士が厳選した充実の避難用品が詰まっています。大容量の26L、セット内容を入れても余裕があり、上着、常備薬、お金等必需品を入れることができます。幅広ショルダーベルトで背負いやすく、胸ベルト・腰ベルトを締めることで重さを分散。防水ターポリン素材で水漏れに強い止水ファスナーを採用。雨の中での避難でも中身が濡れないのは大きなポイント。

【避難用品20点】

極厚22㎝のエアーベッド(191×73㎝)、エアーベッド用ポンプ、保温アルミシート、ラジオ付きハンディライト、携帯充電器(乾電池式)、単3形アルカリ乾電池12本パック、単4アルカリ乾電池4本パック×2、ウオータータンク10L、携帯トイレセット3回分、くるくる梱包ラップ、不織布バッグ、マスク7枚、レインコート、スリッパ収納袋付き、タオル1枚、ティッシュペーパー1袋、ウエットティッシュ1袋、歯ブラシ1本、防災士直伝防災マニュアル付属

災害時避難生活で「より良い睡眠」をとるために欠かせないアイテムのエアーベッド、そして、ラジオ付きハンディライトは、周りの状況の把握と情報収集には欠かせません。非常時に心強い乾電池を多く入れて、携帯の乾電池式充電器も入っています。

サブバッグ付き 防災セット リュック  1人用 33点+2

  • 「食品なし」防災セット
  • サイズ:32.5×45×17(㎝)
  • 容量:25L
  • 販売価格: ¥9,480 (税込、送料無料)
kobo 006 1

      カラーは2色(ホワイトとブラック)

《商品はこちらから➡》

kobo 006 16

1次避難対策に焦点を当て価格を抑え、防災バッグが身近なものにし、1人1袋を準備することを可能にしています。1人1袋のリュックなので両手がふさがらないので非難の時も安心。ボックス型バッグで、ターポリン生地使用の撥水加工・止水ファスナー使用、180度反射板付き。防災バッグとしては、お洒落な仕上がり。

【避難用品33点+2】

アイリスオオヤマのセット用品 + 防災サブバッグ、軍手、伸縮ゴムロープ3m、布テープ、ポリ袋45L×3枚、ホイッスル、アイマスクと耳栓、懐中電灯、カッター、食器(割りばし・ペーパートレー・スプーン・フォーク・プラカップ)、エアー枕、ドライバー、アルミブランケット、綿棒、アルミフォイル、ライター、予備袋、筆記用具セット、スマホ充電ダイナモライト

災害時に備える必要最低限の防災グッズに加え、ダイナモライトやUSBケーブル、変換プラグ、エアマット等も合わせた防災リュック。リュックの中には配給受け取り用や救急セット用に使えるサブバッグも付いています。用途に合わせて自由に使えます。

防災セット 2人用 3日分 防災グッズ 基本セット 

  • 5年保存、保存食6食セット
  • サイズ:28×50×15(㎝)
  • 容量:21L
  • 販売価格: ¥15,800 (税込、送料無料)

過去の事例から、災害発生からライフライン復旧には1週間以上要するケースが多くみられています。また、災害支援物資も3日以上到着しないことも想定されます。3日~1週間分の人数分の家庭備蓄が望ましいと考えられます。保存食を含めた基本の防災セットです。

CAPTAIN STAG DT スクエアリュックサックの色も色々、背面部には、8.5サイズのノートパソコンとタブレットが同時に搭載できます。ウレタンクッション内蔵でしっかり保護します。

【避難用品】

安心米(白米100g×2・ワカメごはん100g×2)、命のパン5年保存(オレンジ・ココア・その他3種類から100g×2)、ナチュラルウオーター5年保存(500ml×6)、電池不要のライト・ラジオ、ランタン、4層構造防寒・防風アルミシート2、冷熱遮断アルミシート2、5年保証ウエットティッシュ、ウオータータンク3L、救急セット用品(綿棒・エイドバン、ハサミ等)、携帯用トイレ大小兼用1回分、軍手2

CAPTAIN STAG DT スクエアリュックサックに、携帯電話も充電できる高性能懐中電灯と、5年保存可能な保存食6食付きです。ガスや電気が使えず、限られた水の中では、調理・食器が不要なものがお勧めです。安心米は、袋は食器かわりに、スプーンも内蔵しています。水やお湯を注ぐだけで食べれます。


取り外せるカート付き防災セット2人用、22種類42点

  • 7年保存、食料品3日分
  • 5%OFFクーポンは8/22まで
  • 販売価格: ¥18,900 (税込、送料無料)
  • 岸田産業株式会社

女性や高齢者でも持ち運びやすいキャリーカート付き防災リュックです。嬉しい大容量でセット物を入れてもスペースが空くので、追加で必要なものを入れることができます。シンプルでスタイリッシュ、部屋においてもなじみます。

【避難用品】

防災多目的ラジオライト、7年保存アルカリ保存水500ml×6、7年保存のライス3種×2とクッキー2袋、簡単エアーマット2、携帯トイレ2袋(1袋5回分)、簡易ポンチョブルーシート1、アルミ温熱シート1、ウオータータンク10L、簡易ライト、三角巾1、笛、マスク4、ペーパー、衛生セット(綿棒、エイドバン等)、軍手、ウエットティッシュ、防災ガイド

認定防災士の厳選です。安心の7年長期保存可能な食品が3日分入っています。少しでも保存期間が長い方が買い替えの手間や経費を省けます。くつろぎやより良い睡眠には欠かせないエアーマット、簡易トイレ使用時や着替えの時に便利なポンチョつきです。


防災安全協会認定の防災セットラピタ1人用 31種35点

  • サイズ:33×46×16(㎝)
  • 容量:24L
  • 販売価格: ¥19,800 (税込、送料無料)
  • 防災事業専業メーカー

image

  • AM/FMラジオ付き
  • 緊急サイレン 
  • 手回しダイナモ発電とUAB充電対応なので電池の心配は不要、スマホの充電に使えます。

いざという時に持ち出せるように、ラピタは玄関・リビング・寝室、家中どこでもおけるデザインで、カラーも4種。生地はターポリン生地で耐久性に優れ、ファスナーは止水ファスナー使用の防水リュックです。反射材も180度搭載。背負った際の負荷を避けるため幅広ショルダーベルト・チェストベルトを使用しています。1人用セットは約5.3Kg。

【避難用品】

ポーチ3色、ウオーターバッグ、レスキューライス2、長期保存水500ml×4、多機能ダイナモラジオライト、防滴ダイヤルランタン、単三乾電池4本、非常用トイレ3、ポンチョ、全身ドライシャンプー、コップ式歯磨きセット、マスク1枚、エアーマット、レスキューシートと寝袋、アイマスクと耳栓、圧縮タオル1、楽々圧縮袋(着替えを入れる)、蓄光ホイッスル、レインコート、救急セット(テープ・ガーゼ)、ティッシュ1袋、防災アドバイス1冊

色別ポーチでグッズをリュックに収納する方法をとっているので、取り出しすときもサッと出せる。また、メッシュ素材なので中身の日切れのチェックも一目でわかり、小物の手洗いにも洗濯ネットの代用として使用できます。ドライシャンプーと、電池不要のダイナモラジオライトでの携帯電話の充電も可能はありがたいです。

まとめ

備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖、などと昔からのことわざがあります。確かに備えは大事です。何から始めようかと迷っている方は、まずは、セットをそろえて、自分に必要なものを補充していきましょう。でも、これは第1歩です。

災害が起きれば、間違いなく「気の動転」が起こります。絶対に忘れてはいけないこと、それは落ち着いて自分を守ることです。自分の安全が確保できたら次は自分の大切な家族の安全を確認することが必要になります。大切な家族の決め事を全員で共有することが大切です。事前に家族で決めておきましょう。

  • 非常時の家族の連絡方法
  • 待ち合わせ場所、避難場所、避難ルートをきまる
  • 家を出る時のルールを決めておく

9月は防災月間です。日頃の備えをあらためて見直す機会にできたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました